ohinanikki

音楽・本について、色々。

夏目漱石『夢十夜』より「第一夜」から、前半部分 解釈

*夏目漱石『夢十夜』より

わたしが死んだら

作詞 中村安伸
作曲 大野円雅

わたしが死んだら
土に埋めて下さい
大きな真珠貝で 掘って
星の破片を 墓標に置いて

墓の傍で 待っていて
きっと 逢いに来ますから

日が昇るでしょう
それから 日が沈むでしょう
それから また昇るでしょう
そうして また沈むでしょう

百年 待っていて
また 逢いに来ますから

墓の傍で 待っていて
きっと 逢いに来ますから

---

夏目漱石『夢十夜』から「第一夜」の前半までを歌にしたもの。俳人の中村安伸さんが翻案。

この歌は、自身の言葉通り冒頭であっけなく死んでしまう女性の、主人公への言づてによるもの。よく小説は作者の一部が登場人物になっているというが、漱石の中にこのような女性がいたとしても、この部分と漱石自身が相容れるのは並大抵のことではなさそうだ。彼女は瑞々しく生き生きとしていながら、目の前であっさりと死んでしまい、その上で百年も私を待っていて、と言うのだから。

女性は、はっきりと「また逢いに来ます」といい、主人公も淡々とそれを受け止め、彼女の遺言の通り、彼自身が墓を丹念につくり、待つ。気の遠くなるような、かつ不可解な約束は、それ故に真理なのだろうと思わせる。底の知れないものと「相容れる」ということは、こちらが条件を飲んでも叶うかどうか分からない約束を、長く長く待つようなものなのだろう。

普通、人は大人になってから、それから百年も生きられない。この「再会」は、生まれ変わってから果たす、何か大切な約束のようにも思える。今生では諦めた夢があって、来世こそはそのために生きようという、そんな大切な約束について書かれた小説なのではないかと。

短い文章ながら、死の床に伏した、しかもこの世のものとは思えない女性が、本当にここに「生きて」いるかのような息づかいが感じられる。作者自身の人格の一部か、もしくは何か大切な夢を擬人化したものだったとしても、こんなふうに生きている人として、ありあり簡潔に描き出せるのは、一体どうしてなのだろう。物語本編よりもそのことの方が、ある意味不思議に感じたりもする。例えば共感覚の持ち主が、それぞれの五感の間に何か抜け道を持っているとしたら、漱石の場合は、精神自体と五感の間が、筒抜けに繋がっていたのではないか、と思えてくる。

わたしが死んだら
土に埋めて下さい
大きな真珠貝で 掘って
星の破片を 墓標に置いて

真珠貝は大きな滑なめらかな縁ふちの鋭するどい貝であった。土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差してきらきらした。湿った土の匂もした。穴はしばらくして掘れた。女をその中に入れた。そうして柔らかい土を、上からそっと掛けた。掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が差した。”

真珠貝でひとり墓を掘る場面は、貝の裏側に月の光が反射していて美しい。海底にいた貝で穴を掘るのは、どこか一人分の海を作るようだ。海は無意識/夢や羊水を思わせ、これから永い眠りに就く人をそこへ寝かしつける。今生では脇に置いてきた夢、これからはその夢の中にいられるよう、そこに守られてあるように。もしくは来世が来るまで一旦夢をそこへ葬った、ともとれる。

「星の破片」、海の底にあったものの次は、宇宙にあったもの。宇宙から落ちてきた星は、この世界(社会)の外からの知らせのようだ。対して、海の底の貝は、意識下に隠されていたもの。

“星の破片は丸かった。長い間大空を落ちている間に、角が取れて滑かになったんだろうと思った。”

とあり、まるで川から拾ってきた石のようである。大らかにたゆたう共時性が簡潔に描かれていて、冴えた文体の裏で、自然がゆらゆらと姿を変え、この「不可解」な闇の中で一筋一筋、光を発しているかのようだ。

「人は死んだら星になる」というあれと、何か関係があるのだろうか。墓標に墓石でなく、星の一欠けの石を置く。土でできた一人分の海の上では、真珠貝の裏で月が反射し、星の破片が置かれ、どこか海面に月と星が並んで映るさまを模したミニチュアのようだ。

墓の傍で 待っていて
きっと 逢いに来ますから

墓は集合墓地ではなく、主人公が女性のために作ってくれた、たった1つの墓。その特別な墓だから、またここで会える、という。

日が昇るでしょう
それから 日が沈むでしょう
それから また昇るでしょう
そうして また沈むでしょう

私のいなくなった世界で、日が昇り、沈む。幾度も幾度も。主人公は半身をなくしたあとも生き続け、世界は変わらず続いていく。小説では女性の「あなた、待っていられますか」という問いかけに、主人公が黙って肯く。まるで、もうそれしか叶う方法はないかのように。

百年 待っていて
きっと 逢いに来ますから

そうやって百年待っていて、きっとまた逢いに来ます。そういって女性は死んでしまう。来世に託した約束を告げて。

この歌が歌っているのは、その場面まで。つづきは別の歌になり、そちらもいつか考えてみたいと思う。

Emily Dickinson - As imperceptibly as Grief 原詩 / 訳

As imperceptibly as Grief
The Summer lapsed away-
Too imperceptible at last
To seem like Perfidy-

A Quietness distilled
As Twilight long begun,
Or Nature spending with herself
Sequestered Afternoon-

The Dusk drew earlier in-
The Morning foreign shone-
A courteous, yet harrowing Grace,
As GUEST, that would be gone-

And thus, without a Wing
Or service of a Keel
Our Summer made her light escape
Into the Beautiful.

---

悲しみのように いつの間にか
夏は 過ぎ去った―
ついに あまりにそっとなされた
不実のように―

静けさが 滲み出す
黄昏の 長い始まりのように、
または自然の中で 一人過ごす
切り離された 午後のように

日暮れは 以前より早くなり
夜明けは なじみなくも 輝いた―
丁重な、けれど胸痛めるような優美さで、
去って行く来客のように―

そんなふうに、翼も持たず
船の便もなしに
私たちの夏は 軽やかに
「美しさ」の中へ 逃げて行った

Emily Dickinson - As imperceptibly as Grief 解釈

As imperceptibly as Grief
The Summer lapsed away-
Too imperceptible at last
To seem like Perfidy-

悲しみのように いつの間にか
夏は 過ぎ去った―
ついに あまりにそっとなされた
不実のように―

悲しみが過ぎ行くように、夏がいつの間にか過ぎ去った。「不実」とは<夏>そのものではなく、<夏が過ぎ去ること>のようだ。ということは、悲しみが過ぎ去ることを、ここでは「不実」と言っている。「ついに」「なされた」なので、その悲しみを忘れてしまうのは、意志によるものなのだろうか。悲しみをもう忘れようと決断することをどこか責めているかのようだ。と同時に、そのことの「そっとなされた」手つきに慈しみのようなものを感じる。「不実」と思いながら、悲しみを忘れることを、静かに選びとったのだろう。

A Quietness distilled
As Twilight long begun,

静けさが 滲み出す
黄昏の 長い始まりのように、

夏から秋に移ることを、日が傾くことに例えている。「静けさ」は冷気のことか。静けさは、やがて長い秋と冬を連れてくる。黄昏の黄色や夕暮れの赤は、紅葉/黄葉と重なる。空の周期の色を、木々がもっとゆっくりとした周期で真似る。その移り変わりにふと気付く。夏が過ぎ去って、次第に抽出されていく静けさによって。

「静けさ」はまた、上の段にあった“imperceptibly / imperceptible”(いつの間にか / そっとなされた)のことにも見える。その人知れず行われた静かな「不実」(決心、といってもいいだろう)がこれまでの熱を逃がしては、ここから景色を変えていく。

Or Nature spending with herself
Sequestered Afternoon-

または自然の中で 一人過ごす
切り離された 午後のように

一人誰もいない自然の中で過ごす時、心に静寂が滲み出す。静寂はノイズのない状態なので、それは濾過されていくようでもある。そう、誰かにとって「不実」でも、深い悲しみを忘れていくのは、痛みから解放されていくということ。“spending”は「費やす」という意味で、そうやって自分のために午後の時間を使う。

The Dusk drew earlier in-
The Morning foreign shone-

日暮れは 以前より早くなり
夜明けは なじみなくも 輝いた―

日暮れが早くなることは、以前よりも静かな内省の時間が増えていくかのようだ。そこから目覚める夜明けは、次第に濃密さを増す内省となじみにくいが、その朝の輝きはいつだって美しかった。

A courteous, yet harrowing Grace,
As GUEST, that would be gone-

丁重な、けれど胸痛めるような優美さで、
去って行く来客のように―

帰って行った来客は、胸を痛めるほど優美だった。夜明けのほんの短い美しい時間に、来客と過ごしたささやかな時間を思い出す。

And thus, without a Wing
Or service of a Keel

そんなふうに、翼も持たず
船の便もなしに

翼もなく船もなく、遠くへ飛び去ってしまえる夏や、過ぎ去りし人。ディキンソンは小さな田舎の町に生まれ、生涯そこから出ることはなかった。颯爽と遠くへ行ける彼らが不思議で、羨ましかったのかもしれない。

Our Summer made her light escape
Into the Beautiful.

私たちの夏は 軽やかに
「美しさ」の中へ 逃げて行った

夏の間に誰かがそばにいたのかもしれない。夏が過ぎ去ったあと、夏はここにいなくても、その跡に美しく自然を変奏して見せるように、あの人はもうここにいなくても、あの人といた時間はこれから美しい思い出になるだろう。夏の去り際に気付いた時、自分もこんなふうに悲しみを乗り越える「不実」を選びとろうと、静かに決意する―そんな詩のように見える。

---

おまけ。これを書いていた時にちょうど、プーシキン「百姓令嬢」を読んでいて、ディキンソンと、そしてこの詩のことが思い当たった。以下引用。岩波文庫の表紙にある通り、この神西清訳は素晴らしいと思う。

“ 読者諸君のうち田舎に住まわれたことのない方は、こうした田舎の令嬢というものがどんなに魅力ある存在であるかを、想像することも出来ないだろう!清らかな大気を吸って、わが庭の林檎の樹かげで育てあげられた彼女たちは、世間や人生についての知識を書物から汲みとるのである。孤独、自由、それに読書という三つが、浮ついた都そだちの佳人麗姫の夢にも知らない感情や情熱を、早くから彼女らの胸にはぐくむのだ。そういうお嬢さんたちにとっては、馬の鈴の響きが既に胸を躍らす冒険である。近所の町へ出掛けることは生涯の画期的事件だし、客の来訪は長く消えない、時としては永遠につづく、思い出をのこすのである。もちろん彼女たちに変梃な所があるといって、それを嘲笑うのは皆さんの勝手であるが、しかし皮相な観察者が飛ばす冗談なんぞは、彼女たちの一ばん大切な美点を傷つける力はないのである。それらの美点のうちでも尤たるものは、性格の特異性、すなわち独自性で、ジャン・パウルの説に従えば、それがなくては人間の偉大さは存在しないのだ。都会の女性は、恐らくもっと立派な教育を受けているだろうが、世間のしきたりが間もなく性格を均してしまい、その心情はその髪の結い方と同じく、一様なものになってしまうのである。これは批判とか非難とかいう意味で云うのではないが、しかし或る古代の注釈家が記してるように、『吾人の注記はやはり通用する』である。” 

スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫)

スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫)

 

 
もう1つ余談。ピアティゴルスキー自伝にあった、子供の頃おどろおどろしいお婆ちゃんに付けてたあだ名「スペードの女王」ってこのことだったのか、と数年後に知った。ロシアは面白いなあ。 

チェロとわたし (新装版)

チェロとわたし (新装版)

 

 

Emily Dickinson - Because I could not stop for Death – 原詩 / 訳

Because I could not stop for Death –
He kindly stopped for me –
The Carriage held but just Ourselves –
And Immortality.

We slowly drove – He knew no haste
And I had put away
My labor and my leisure too,
For His Civility –

We passed the School, where Children strove
At Recess – in the Ring –
We passed the Fields of Gazing Grain –
We passed the Setting Sun –

Or rather – He passed us –
The Dews drew quivering and chill –
For only Gossamer, my Gown –
My Tippet – only Tulle –

We paused before a House that seemed
A Swelling of the Ground –
The Roof was scarcely visible –
The Cornice – in the Ground –

Since then – ‘tis Centuries – and yet
Feels shorter than the Day
I first surmised the Horses’ Heads
Were toward Eternity –

---

“死”へと立ち止まれなかった 私のために –
“死”は 親切にも待っていてくれた –
この馬車はもう一杯だった ただ私と“死” –
そして“不死”だけで

私たちは ゆっくりと運ばれていった –
“死”は 急ぐことを知らないので
私は勤めも暇も、投げ出していた
彼の親切に応えるために –

学校を通り過ぎ 子供たちが遊んでいた
校庭で – 輪になって –
こちらを見つめる 穀物たちの畑を過ぎ –
沈んでいく あの太陽を過ぎた –

というよりも – 太陽が私たちを過ぎたのだ –
夜露は 震えと冷えを連れてきた –
私のガウンは 蜘蛛の糸織りだけ –
私のティペット*は – ただの薄絹(ベール)だったから –

やがて 私たちが止まったのは「家」らしきものの前
地面の盛り上がっている –
屋根は殆ど見えない –
コーニス**も – その地面の中に –

あれから – 何世紀も経つ – けれど未だに
あの日よりも 短く感じられるのだ
馬の頭が向かっているのは永遠、なのだと気付いた
あの最初の一日よりも、ずっと –


*
Tippet:主として聖公会の主教や司祭が、sacrament以外の儀式を司式する時にsurpliceの上からつける黒いスカーフ状の式服。しばしばacademic hoodと共に用いられる。

**
Cornice:壁または柱で支えられた水平材を飾る帯。古典建築では柱で支えられる部分(entablature)が3段に分かれており、最上部からそれぞれコーニス、フリーズ(frieze)、アーキトレーブ(architrave)と呼ぶ。

Emily Dickinson - Because I could not stop for Death― 解釈

*Because I could not stop for Death –
「“死”へと立ち止まれなかった 私のために – 」

「なぜなら」から始まる。エミリー・ディキンソンにとって既視感のある風景の、その途中からふいに語り始める。「死」を夢見ていたせいか。声高に始めるのは合わない。けれど、何度も夢見た、その時が遂にやってきたことでもある。

「死」のために立ち止まれなかった、というのは受け入れられなかったからなのか、それより他に行きたい場所があったからなのか。けれど自然とその時が来たのだろうか。今までは「死」への純粋な好奇心もありつつ、この世界や自然、そして詩を選んできたのかもしれない。

*He kindly stopped for me –
「“死”は 親切にも待っていてくれた –」

“死”の姿が見えた時、ああ、その時が来たんだな、と。

*The Carriage held but just Ourselves – And Immortality.
「この馬車は一杯だった ただ私と“死” – そして“不死”だけで」

他に何も要らない。何も入る余地はない。終りの時が来たことをどこか噛みしめるように、Ourselvesに向けて高まっていく。その答えがAnd Immortality.

*We slowly drove – He knew no haste
「私たちは ゆっくりと運ばれていった – “死”は 急ぐことを知らないので」

“We slowly drove” 繰り返される「w」「l/r」の響きが、時間を引き延ばすかのよう。“haste(急ぐ)” が、この馬車の中では不自然に響く。

*And I had put away
My labor and my leisure too,
For His Civility –
「私は勤めも暇も、投げ出していた / 彼の親切に応えるために – 」

“And I had put away” こともなげに、“away”で手放したものが、消え去っていく。
“ My labor and my leisure too,”働いたり休んだりすることで、この世界で循環する感情を、また呼び起こすことを放棄した。
“ For His Civility – ”この“死”の「親切」という書き方は、皮肉とも言われている。どこか死神のペテンのような恩着せがましさを理解しつつ、いくらかは自分でも望んでいたことを認める感じか。最後の”ty”で、この世の膜の外へ出るような。枷の外れるような響き。

*We passed the School, where Children strove
At Recess – in the Ring –
「学校を通り過ぎ 子供たちが遊んでいた / 校庭で – 輪になって – 」

学徒だった頃を思い出す。ディキンソンにとっては、神様を素直に信じていた頃か。彼女の子供時代は明るく快活な少女だったらしい。足の裏の校庭の土や、友達がそばにいる感触を思い出す。毎日のようにあったそれらに、ある時を境に離れた。その時から今まで。そして、死にいく今、もう一段それらと更に遠くなる。

*We passed the Fields of Gazing Grain –
We passed the Setting Sun –
「こちらを見つめる 穀物たちの畑を過ぎ – 沈んでいく あの太陽を過ぎた – 」

毎年殆ど同じ表情をして立っている、見慣れたはずのそれら。今またその中に美しさを見つける。穀物=糧。これらを照らしている夕暮れ。糧だったものを過ぎ、光だったものを過ぎていく。

*Or rather – He passed us –
「というよりも – 太陽が私たちを過ぎたのだ – 」

地球という船の外の大きな光源。太陽は恒星で、思いのまま彼の航路を進む。どこか寂しい。夕暮れの寂しさは、太陽が地球をこの宇宙に置き去りにするからか。この詩の中では「また明日」はもうない。

*The Dews drew quivering and chill –
「夜露は 震えと冷えを連れてきた – 」

夜露の間を抜けていくことなど、隠遁していたディキンソンには、もしかしたらあまりなかったかもしれない。思いの外寒く寂しく、けれど新鮮な最初で最後の景色。”Dews drew’(夜露)”は、夜がその奥の方で輝くような響き。

*For only Gossamer, my Gown –
My Tippet – only Tulle –
「私のガウンは 蜘蛛の糸織りだけ – / 私のティペットは – ただの薄絹(ベール)だったから – 」

Tippet:主として聖公会の主教や司祭が、sacrament以外の儀式を司式する時にsurpliceの上からつける黒いスカーフ状の式服。しばしばacademic hoodと共に用いられる。

着の身着のままは、自然がくれたものだけだった、ということか。司祭の服がベール、とは信心が薄い・神様との結び付きが希薄、ということか。今となってはベール1枚でつながっている神様。けれど極端に反抗するでもなく、やっぱり教会や神様のことが頭のどこかにある、というのがディキンソンの距離感だなと思う。出来れば信じたいし、ずっと信じていれたら良かったのだけれど、という一番切ない距離感かもしれない。その信心の薄さのため、震えるほど寒く、心細いとも読める。身に着けているものが信じているものであるとしたら、蜘蛛の糸織りを身に着けているとは、自然を信じているということなのかもしれない。

*We paused before a House that seemed
 A Swelling of the Ground –
「私たちが止まったのは「家」らしきものの前 / 地面の盛り上がっている – 」

新しい家つまり墓の前であり、馬の蹄の音が止むところ。ゆっくり進んできて、ようやくたどり着く。ここまでの旅の疲れと、イメージと違ういくらかの新鮮さとが、入り混じるような。

*The Roof was scarcely visible –
 The Cornice – in the Ground –
「屋根は殆ど見えない – / コーニスも – その地面の中に – 」

Cornice:壁または柱で支えられた水平材を飾る帯。古典建築では柱で支えられる部分(entablature)が3段に分かれており、最上部からそれぞれコーニス、フリーズ(frieze)、アーキトレーブ(architrave)と呼ぶ。

どんな家なのか分からない。が、その土の下にある。生きている時には見えない選べない場所、ここにこれからずっといる。思えば生まれる前も、おそらくそうだった。

*Since then – ‘tis Centuries – and yet
Feels shorter than the Day
「あれから – 何世紀も経つ – けれども未だに / あの日よりも 短く感じられるのだ」

*I first surmised the Horses’ Heads
 Were toward Eternity –
「馬の頭が向かっているのは永遠、と気付いた
 あの最初の一日よりも、ずっと – 」

大いなる時間が過ぎても思い出す、あの日。墓までゆっくりと進んだ、死からこっちの最初の日。何世紀よりも、壮大な永遠に触れ、その中にいた。永遠とは何か、その時全て理解した。死や死の恐怖よりも大きく、死神のうさんくささも、忘れてしまうほどの。直線の時間軸が私を追ってこれたのは、土の上までだった。馬の蹄が止んだ時、それは永遠の始まる合図だったのだ。