ohinanikki

音楽・本について、色々。

Emily Dickinson - Because I could not stop for Death― 解釈

*Because I could not stop for Death –
「“死”へと立ち止まれなかった 私のために – 」

「なぜなら」から始まる。エミリー・ディキンソンにとって既視感のある風景の、その途中からふいに語り始める。「死」を夢見ていたせいか。声高に始めるのは合わない。けれど、何度も夢見た、その時が遂にやってきたことでもある。

「死」のために立ち止まれなかった、というのは受け入れられなかったからなのか、それより他に行きたい場所があったからなのか。けれど自然とその時が来たのだろうか。今までは「死」への純粋な好奇心もありつつ、この世界や自然、そして詩を選んできたのかもしれない。

*He kindly stopped for me –
「“死”は 親切にも待っていてくれた –」

“死”の姿が見えた時、ああ、その時が来たんだな、と。

*The Carriage held but just Ourselves – And Immortality.
「この馬車は一杯だった ただ私と“死” – そして“不死”だけで」

他に何も要らない。何も入る余地はない。終りの時が来たことをどこか噛みしめるように、Ourselvesに向けて高まっていく。その答えがAnd Immortality.

*We slowly drove – He knew no haste
「私たちは ゆっくりと運ばれていった – “死”は 急ぐことを知らないので」

“We slowly drove” 繰り返される「w」「l/r」の響きが、時間を引き延ばすかのよう。“haste(急ぐ)” が、この馬車の中では不自然に響く。

*And I had put away
My labor and my leisure too,
For His Civility –
「私は勤めも暇も、投げ出していた / 彼の親切に応えるために – 」

“And I had put away” こともなげに、“away”で手放したものが、消え去っていく。
“ My labor and my leisure too,”働いたり休んだりすることで、この世界で循環する感情を、また呼び起こすことを放棄した。
“ For His Civility – ”この“死”の「親切」という書き方は、皮肉とも言われている。どこか死神のペテンのような恩着せがましさを理解しつつ、いくらかは自分でも望んでいたことを認める感じか。最後の”ty”で、この世の膜の外へ出るような。枷の外れるような響き。

*We passed the School, where Children strove
At Recess – in the Ring –
「学校を通り過ぎ 子供たちが遊んでいた / 校庭で – 輪になって – 」

学徒だった頃を思い出す。ディキンソンにとっては、神様を素直に信じていた頃か。彼女の子供時代は明るく快活な少女だったらしい。足の裏の校庭の土や、友達がそばにいる感触を思い出す。毎日のようにあったそれらに、ある時を境に離れた。その時から今まで。そして、死にいく今、もう一段それらと更に遠くなる。

*We passed the Fields of Gazing Grain –
We passed the Setting Sun –
「こちらを見つめる 穀物たちの畑を過ぎ – 沈んでいく あの太陽を過ぎた – 」

毎年殆ど同じ表情をして立っている、見慣れたはずのそれら。今またその中に美しさを見つける。穀物=糧。これらを照らしている夕暮れ。糧だったものを過ぎ、光だったものを過ぎていく。

*Or rather – He passed us –
「というよりも – 太陽が私たちを過ぎたのだ – 」

地球という船の外の大きな光源。太陽は恒星で、思いのまま彼の航路を進む。どこか寂しい。夕暮れの寂しさは、太陽が地球をこの宇宙に置き去りにするからか。この詩の中では「また明日」はもうない。

*The Dews drew quivering and chill –
「夜露は 震えと冷えを連れてきた – 」

夜露の間を抜けていくことなど、隠遁していたディキンソンには、もしかしたらあまりなかったかもしれない。思いの外寒く寂しく、けれど新鮮な最初で最後の景色。”Dews drew’(夜露)”は、夜がその奥の方で輝くような響き。

*For only Gossamer, my Gown –
My Tippet – only Tulle –
「私のガウンは 蜘蛛の糸織りだけ – / 私のティペットは – ただの薄絹(ベール)だったから – 」

Tippet:主として聖公会の主教や司祭が、sacrament以外の儀式を司式する時にsurpliceの上からつける黒いスカーフ状の式服。しばしばacademic hoodと共に用いられる。

着の身着のままは、自然がくれたものだけだった、ということか。司祭の服がベール、とは信心が薄い・神様との結び付きが希薄、ということか。今となってはベール1枚でつながっている神様。けれど極端に反抗するでもなく、やっぱり教会や神様のことが頭のどこかにある、というのがディキンソンの距離感だなと思う。出来れば信じたいし、ずっと信じていれたら良かったのだけれど、という一番切ない距離感かもしれない。その信心の薄さのため、震えるほど寒く、心細いとも読める。身に着けているものが信じているものであるとしたら、蜘蛛の糸織りを身に着けているとは、自然を信じているということなのかもしれない。

*We paused before a House that seemed
 A Swelling of the Ground –
「私たちが止まったのは「家」らしきものの前 / 地面の盛り上がっている – 」

新しい家つまり墓の前であり、馬の蹄の音が止むところ。ゆっくり進んできて、ようやくたどり着く。ここまでの旅の疲れと、イメージと違ういくらかの新鮮さとが、入り混じるような。

*The Roof was scarcely visible –
 The Cornice – in the Ground –
「屋根は殆ど見えない – / コーニスも – その地面の中に – 」

Cornice:壁または柱で支えられた水平材を飾る帯。古典建築では柱で支えられる部分(entablature)が3段に分かれており、最上部からそれぞれコーニス、フリーズ(frieze)、アーキトレーブ(architrave)と呼ぶ。

どんな家なのか分からない。が、その土の下にある。生きている時には見えない選べない場所、ここにこれからずっといる。思えば生まれる前も、おそらくそうだった。

*Since then – ‘tis Centuries – and yet
Feels shorter than the Day
「あれから – 何世紀も経つ – けれども未だに / あの日よりも 短く感じられるのだ」

*I first surmised the Horses’ Heads
 Were toward Eternity –
「馬の頭が向かっているのは永遠、と気付いた
 あの最初の一日よりも、ずっと – 」

大いなる時間が過ぎても思い出す、あの日。墓までゆっくりと進んだ、死からこっちの最初の日。何世紀よりも、壮大な永遠に触れ、その中にいた。永遠とは何か、その時全て理解した。死や死の恐怖よりも大きく、死神のうさんくささも、忘れてしまうほどの。直線の時間軸が私を追ってこれたのは、土の上までだった。馬の蹄が止んだ時、それは永遠の始まる合図だったのだ。