ohinanikki

音楽・本について、色々。

Emily Dickinson - Because I could not stop for Death – 原詩 / 訳

Because I could not stop for Death –
He kindly stopped for me –
The Carriage held but just Ourselves –
And Immortality.

We slowly drove – He knew no haste
And I had put away
My labor and my leisure too,
For His Civility –

We passed the School, where Children strove
At Recess – in the Ring –
We passed the Fields of Gazing Grain –
We passed the Setting Sun –

Or rather – He passed us –
The Dews drew quivering and chill –
For only Gossamer, my Gown –
My Tippet – only Tulle –

We paused before a House that seemed
A Swelling of the Ground –
The Roof was scarcely visible –
The Cornice – in the Ground –

Since then – ‘tis Centuries – and yet
Feels shorter than the Day
I first surmised the Horses’ Heads
Were toward Eternity –

---

“死”へと立ち止まれなかった 私のために –
“死”は 親切にも待っていてくれた –
この馬車はもう一杯だった ただ私と“死” –
そして“不死”だけで

私たちは ゆっくりと運ばれていった –
“死”は 急ぐことを知らないので
私は勤めも暇も、投げ出していた
彼の親切に応えるために –

学校を通り過ぎ 子供たちが遊んでいた
校庭で – 輪になって –
こちらを見つめる 穀物たちの畑を過ぎ –
沈んでいく あの太陽を過ぎた –

というよりも – 太陽が私たちを過ぎたのだ –
夜露は 震えと冷えを連れてきた –
私のガウンは 蜘蛛の糸織りだけ –
私のティペット*は – ただの薄絹(ベール)だったから –

やがて 私たちが止まったのは「家」らしきものの前
地面の盛り上がっている –
屋根は殆ど見えない –
コーニス**も – その地面の中に –

あれから – 何世紀も経つ – けれど未だに
あの日よりも 短く感じられるのだ
馬の頭が向かっているのは永遠、なのだと気付いた
あの最初の一日よりも、ずっと –


*
Tippet:主として聖公会の主教や司祭が、sacrament以外の儀式を司式する時にsurpliceの上からつける黒いスカーフ状の式服。しばしばacademic hoodと共に用いられる。

**
Cornice:壁または柱で支えられた水平材を飾る帯。古典建築では柱で支えられる部分(entablature)が3段に分かれており、最上部からそれぞれコーニス、フリーズ(frieze)、アーキトレーブ(architrave)と呼ぶ。