ohinanikki

音楽・本について、色々。

Wish You Were Here - Birds On a Wire (Pink Floyd)

そう、それで あなたは話せると思う?
天国と地獄を、青空と痛みを
緑の叢を、冷たい鉄のレールを
あなたは見分けられる?
笑顔とベールの、ちがいがいえる?

あなたは 彼らに
あなたの英雄を幽霊へと替えられたの?
熱い灰を木に、熱い風を冷たい風に?
冷たい慰めと変容を?
戦場での出番を 檻の中の主役になるため
あなたは交換した?

あなたがここにいてくれたら、どんなにいいか
僕たちはただ、何年も何年も
金魚鉢の中を泳いでいる 二つの魂にすぎない
同じ古びた場所を駆け回って、
僕たちは何を見つけた?
ただいつもと同じ 古びた恐怖があるだけだろう、
あなたがここにいてほしい

---

So, so you think you can tell
Heaven from Hell? Blue skies from pain?
Can you tell a green field from a cold steel rail?
A smile from a veil? Do you think you can tell?

Did they get you to trade your heroes for ghosts?
Hot ashes for trees? Hot air for a cool breeze?
Cold comfort for change?
Did you exchange A walk-on part in the war For a lead role in a cage?

How I wish, how I wish you were here
We're just two lost souls swimming in a fishbowl year after year
Running over the same old ground, what have we found?
The same old fears, wish you were here

Blue Moon Revisited (Song For Elvis) - Cowboy Junkies


Cowboy Junkies - Blue Moon Revisited (Song For Elvis) (Official Video)


I only want to say
That if there is a way
I want my baby back with me
'cause he's my true love
My only one don't you see?

And on that fateful day
Perhaps in the new sun of May
My baby walks back into my arms
I'll keep him beside me
Forever from harm

You see I was afraid
To let my baby stray

I kept him too tightly by my side
And then one sad day
He went away and he died

Blue Moon, you saw me standing alone
Without a dream in my heart
Without a love of my own
Blue Moon, you knew just what I was there for
You heard me saying a prayer for
Someone I really could care for

I only want to say
That if there is a way
I want my baby back with me
'cause he's my true love
My only one don't you see?

---

もし方法があるなら、とだけ言いたい
私の元へ 恋人を帰してほしい
私の本当に愛している人だから
私には彼しかいない、
そう見えるでしょう?

そして 運命の日に
おそらく5月の まっさらな光の中で
あの人は この腕の中に戻ってくる
私は彼を ここに引きとめておくだろう
危険から 永遠に

私は恋人を 迷子にさせないか
恐れていた

私は彼を きつく縛りすぎた
それから ある悲しい日に
彼は去って 死んでしまった

青い月 あなたは 私が
ひとり 立ち尽くすのを見ていた
心に夢がなく
愛も持たず
青い月 あなたは 私が
そこに居たことを 知っていた
あなたは 私の祈りを聞いたのでしょう
私が本当に大切にできる誰かを、と

もし方法があるなら、とだけ言いたい
私の元へ 恋人を帰してほしい
私の本当に愛している人だから
私には彼しかいない、
そう見えるでしょう?

Blessed Is The Memory - Leonard Cohen


Birds On A Wire - Blessed Is The Memory


納屋でした「約束」を 覚えている
あれはあなたが 生まれた子猫を
温めてあげられなかった時だった

あなたは太陽の昇る山から 去って行った
そして自分自身に 祈りを捧げ
盲人とともに 横たわった

あなたは そんなことも
自由のさなかに 忘れてしまい
今は神を求めている
本能のままに
みんな 子どもの頃の
記憶は 祝福されている

戦争が始まってから終わるまでの
写真たちを悼んだ時
あなたはあなたの歯に
慈悲の誓いを立てた

列車が離れて行っても
誰も あなたを責めない
ドイツ製ペーパーウェイトを覆うため
積もった雪のおかげで

あなたは そんなことも
自由のさなかに 忘れてしまい
今は神を求めている
本能のままに
みんな 子どもの頃の
記憶は 祝福されている

そう、朝の5時 家には誰もいない
あなたの奥さんと 電話中の子ども以外は

誰か あの「約束」を聴き取って
あなたのような 巡礼者にとって
この部屋は 小さすぎる

あなたは そんなことも
自由のさなかに 忘れてしまい
今は神を求めている
本能のままに
みんな 子どもの頃の
記憶は 祝福されている

そして今 あなたは
太陽を 追いかけることに決めた
さながら 鳥の影か、
もしくは 脱走する王のように

あなたが 泳ぐべき海の中では
その鎖は 暗くて見えにくい
あなたは 海藻を笑っているけど
その笑顔は とても険しい

あなたは そんなことも
自由のさなかに 忘れてしまい
今は神を求めている
本能のままに
みんな 子どもの頃の
記憶は 祝福されている

みんな 子どもの頃の
記憶は 祝福されている
みんな 子どもの頃の
記憶は 祝福されている

Hallelujah - Leonard Cohen / Jeff Buckley

この世界には 隠されたコードがあると聞いた
ダビデが弾いて、主を喜ばせたという
でも君は 音楽なんて好きじゃないだろ?
それはこんなふうに 4thから5thへ
マイナーへ落下し メジャーへと高揚する
困惑した王が作曲した“ハレルヤ”

ハレルヤ、ハレルヤ・・・

あなたの信仰は強かったけれど、
あなたは「証」を求めた
屋根の上で 沐浴する彼女を 見つけて
彼女の美しさと 月の光に 打ちのめされた
彼女は あなたを 台所の椅子に縛り付け
あなたの王座を壊し あなたの髪を切った
そして あなたの唇から
“ハレルヤ”を 引き出した

ハレルヤ、ハレルヤ

愛しい君、僕は昔 ここにいた
この部屋を見ていて
この床を歩いていた
君も知っているように、
君を知る前は 一人で生きていた

そして大理石のアーチの上で
君の旗を 見たのだ
今 愛は 勝利の行進ではなくなり
それはただ、冷たく壊された“ハレルヤ”に

ハレルヤ、ハレルヤ

いつか 君が僕に
教えてくれたことがあったね
水面下でうごめく 本当のことを
けれど 今はそれも見せなくなった
僕が 君の中で
揺れていた時を 忘れないで
その時 聖なる鳩も羽ばたいて
僕たちの 呼吸の全てが
“ハレルヤ”だった

ハレルヤ、ハレルヤ

おそらく 神は天にいるのだろう
けれど 僕が 愛から学んだ全ては
どうやって 相手を出し抜いて
先に撃ち壊すか、ということ
君が夜に聞いたのは 泣き声ではない
光を見つけた者の声でもない
それは冷たく壊された“ハレルヤ”、だ

ハレルヤ、ハレルヤ

Lilac Wine - Nina Simone

冷たく湿った夜 自分を見失った
朧げな光の中で 再び見つけ出した
奇妙な悦びに 導かれたのだ
ライラックの木の下で

ライラックの木から ワインを作った
その手順の一つ一つに 心を込めて
私の見たいものを 見せてくれて
私は なりたいものに なれた

ただ もの思う以上に 思い詰めている時
してはならないことを してしまう
思ったよりもずっと 飲み過ぎてしまった
そうすれば ここに あなたが戻って来るから

ライラックワインは 甘く酔わせる
私の恋人のように
ライラックワインは 私を不安にさせる
私の恋人のようだ

聴いて、私にはよく見えない
彼が今 ここに 来ているのだろうか

ライラックワインは 甘く酔わせる
私の恋人はどこ
ライラックワイン、私は不安でたまらない
私の愛はどこにある?

聴いて、なぜ全てが ぼやけているのだろう
あれは 彼なのか、それともただ
私が狂っているのか、愛しいひと

ライラックワイン、
どうやら 私はまだ
愛を 躊躇っているよう
未だに 愛することを
躊躇っているみたいだ